【ダイエット】35歳男性でも“痩せ体質”になるための水分補給

痩せ方のヒント

30代になり、始めたダイエット。
最初はランニングだけで簡単に体重が落ちていったのですが
3〜4キロくらい減ったところから、体重が落ちにくくなりました。

やはり20代の時に比べて、運動していても汗の量が減り、
代謝も落ちてしまったような感じです。

これは意識して食事や生活を変えないと、
『せっかく運動しているに勿体無い!』という気持ちが強くなり、
代謝のことなども勉強するようになりました。

代謝にとって水はとっても重要。

人の体の半分以上は水分。
栄養成分や酸素が、水に溶けたカタチで体内をめぐり、体に送られます。
それと同時に不要になった老廃物を血流に乗せて排出させれます。

よって適切な水分を取ることで体の代謝バランスを
保つことがとっても大事なんです。

お茶やコーヒーではダメなの?

カフェインを含んでいるお茶やコーヒーには、利尿作用があるので
の水分が排出されてしまいます。
またスポーツドリンクやジュースには糖分があり、
血糖値が上昇してしまいます。

やはり水分補給として1番の理想は水。
でもノンカフェインであれば、
コーヒーやお茶でも良いそうですよ。

水分補給が少ないと…

水分が不足すると、カラダの中の水分がない分、排出機能も低下し、
老廃物が溜まりやすく、全身の代謝が低下し、
むくみや肥満・便秘や肌荒れなどにも繋がります。

また血液の濃度が高まり、免疫力が低下します。

一日8回の水分補給を。

1日に必要な水分量は1.2リットルと言われています。
(年齢や体質によって違いが出てくると思います。)

シソ太は生活のリズムに合わせて8回に分けて
コップ一杯の水分を摂るようにしています。

朝起きた時や、車に乗っている時、
食事中や入浴前後、そしてランニング前後も。

細く水分を摂ることで、
無理なく習慣化することができています。

水分を意識して摂るようになってから、
体の代謝も良くなり、あまり落ちなくなってしまっていた体重も
また減少傾向になりました。

30代になり、カラダが急激に変化してきます。
体重も20代の時と同じように減らず、同じカラダではないような感じ。

しかし色々とカラダについてを調べていく中、
“面白い!”と感じることが多くなってきました。
(これも老化現象なのかも・・・)

結婚相手が見つかるように、スリム体型を目指し、
これからも楽しみながらダイエットを
続けていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました