【作ってみた】Youtubeで見た「至高のとりめし」を料理素人が作ってみた。

彼女が喜ぶ料理

みなさんは大分名物の「鶏めし」を食べたことはありますか?

「鶏めし」とは大分県の名物。
シソ田の住んでいるとこは大分県から程遠い新潟県。

「鶏めし」を食べる機会はなく、
でもいずれ食べてみたいと思っておりました!

そんな中、またまたユーチューブで見つけたリュージさんの【至高の鶏めし】!
すっごい美味しそう…

ということで、今回も料理素人の私が精一杯マネして作ってみようと思います(^^)
是非、【至高の鶏めし】を作ってみようか〜とお考えの皆さまの参考になれるよう、頑張って作っていきますね!

至高のとりめしの材料(3〜4人分)

【材料】
・鶏もも肉(120g)
・ごぼう(50g)
・白米(600g)
◇調味料
・にんにくチューブ(5cm)
・醤油おさじ4
・白だし(大さじ1)
・酒(大さじ3)
・砂糖(大さじ2と小さじ1)
・紅生姜(お好みで)

※鶏もも肉とごぼう、にんにくチューブはリュウジさんの動画と同じ量を入れてます。
調味料とご飯のみ3倍の量を入れてます(^_^)

それでは調理スタート!

【下ごしらえ】材料をカットします。

(1)まずゴボウ斜め切りにしてから、千切りにしていきます。

(2)続いてゴボウのあく抜きをするため、すぐに水につけます。

(3)次に鳥もも肉の皮を剥ぎます。

(4)そして鶏皮・もも肉を1〜2cm角にカットしていきます。

炒めます!

(5)サラダ油(小さじ1)を入れ、中火の弱火くらいの火力で鶏モモの皮を炒め、鶏油を出していきます。

【補足:「鶏油(チーユ)」とは】

鶏から抽出された油のことを指します。チャーハンなどに入れると香ばしが増し、ラーメンなどにも使われています。

(6)サラダ油に色がつくように、皮もカリッとするまで炒めていきます。

(7)鶏皮がカリッと炒まって、油も色が変わってきたら、鶏モモ肉を入れます。
※鶏皮は入れたままで大丈夫です!

(8)モモ肉の色が変わるくらいまで軽く炒めます。

(9)もも肉の色が変わったら、ゴボウを投入。

(10)ゴボウがシナっとするくらいまで炒めます。

調味料を入れていきます。

(11)ゴボウがシナっとするくらいまで炒めたら、弱火にし

・にんにくチューブ(5cm)
・醤油おさじ4
・白だし(大さじ1)
・酒(大さじ3)
・砂糖(大さじ2と小さじ1)を入れます!

(12)調味料を入れたら、汁気がある程度なくなるまで炒めます。

(13)汁気が少なくなってきたら、火を止めて温かいご飯を投入!よく混ぜ込んで完成です!

完成です!

見てくださ〜い

めちゃくちゃ上手に出来上がりました(*´∀`*)

鶏の旨味とゴボウの香りを吸った白飯は、まるで炊き込みご飯のようでしたとても美味しい鶏めしでした(^o^)
トッピングで追加した紅生姜との相性も抜群!

また作り置きても、味がさらにまとまってさらに美味しかったです!

リュウジさんのレシピは、どれもお店レベルの味になるので、料理を作るのが大好きになります(^^)
今回も家族から大好評でした!

まだまだリュウジさんのレシピで、作ってみたいレシピがたくさんあるので、次回もブログをその様子をお伝えできればな〜と思います(^o^)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました