【男子必見】料理素人でも簡単に作れる魯肉飯(ルーローハン)

彼女が喜ぶ料理

シソ田はエスニック料理中華料理など香辛料が効いた食べ物が大好物。

その中でも、以前にコンビニで販売されていた『ルーロー飯おにぎり』が忘れられない。

期間限定で発売されていたルーロー飯おにぎり。。。

あの味にまた会いたい。。。

ということで!
今回は料理修行中のシソ田が、台湾のご当地グルメ魯肉飯(ルーローハン)に挑戦してみました!

ルーロー飯の材料紹介

【材料】
・長ネギ:半分
・豚バラブロック:150グラム
・にんにくみじん切り:半かけ
・生姜みじん切り:半かけ
・五香粉:少々
・醤油:大さじ2
・砂糖:大さじ1
・酒:100cc
・塩:少々
・水:100cc

今回のポイントは魅惑の香り五香粉(ウーシャンフェン)』

レシピを確認し、
五香粉とはなんぞや??』
『スーパーに売ってるのかな??』
と思い、近所のスーパーへ買い物に行ったところ、堂々と陳列してありました!

結構メジャーな香辛料なんですね^^

それでは調理スタート!

今回使う豚バラは、前回『初めてのカレー作り』の時に余っていたお肉を使います。

豚バラを切ったあと、生姜とニンニクをみじん切りに。
また長ネギを筒切り(輪切り)にカットします。

※長ネギの青い部分は、終盤の煮込む時用にとっておきました。

長ネギを炒める。

まずはサラダ油をひいたフライパンに、長ネギを弱火で先に炒めます

生姜とニンニクも同じタイミングで炒めようか迷ったのですが、先に炒めてしまうと焦げてしまう恐れがあるらしいので、シソ田は生姜とニンニクを後で入れることにしました。

長ネギは香ばさが出てくるまで、しっかりとじっくりと炒めました。

次に豚肉を炒める。

しっかりと長ネギから香ばしい匂いが出てきたら、カットした豚バラ肉を投入してさらに炒めます

豚肉の色が変わりましたら、お塩を少々投入
そして混ぜ合わて、いよいよ五香粉も投入

私は五香粉を小さじ2程度入れました。
香りが苦手な方は、小さじ1くらいから徐々に増やしていってもいいと思います。

そしてまた火にかけながら、香りを豚肉に移すように若干の焼き目がつくまで炒め合わせます。

最後に全軍投入(水以外)。

最後に残りの醤油(大さじ2)・砂糖(大さじ1)・酒(100cc)を投入!

沸騰するまで、混ぜ合わせながら煮ます!

全体が馴染み、煮立って沸騰しましたら、最後にお水(100cc)ネギの青い部分を入れ、再度煮立たせます。
(アクも出てきたので丁寧にとっていきます。)

煮立ったら弱火にし、40分くらいコトコト煮込んでいきます。

お水を入れた段階で、少し水分の量が多いと思いましたが、どんどん煮詰まっていくので丁度いい感じに仕上がりました。

完成!

煮ること40分。念願のルーロー飯の完成です^^

この日は同時進行で『初めてのカレー』も作っていたので、少しだけ味見しました!

ウーシャンフェンの独特な香りに、味が染み込んだ柔らかい豚バラ肉がとても美味^^
(反省点:ゆで卵入れるのを忘れてしまいました!後悔!)

料理初心者のシソ田ですが、工程がほぼ『煮る』なんで、とても簡単に作ることができました(^^)

これは料理が苦手な男性の方でも、上手に仕上げられると思います!

今日作ったルーロー飯は後日、混ぜ込んで、思い出のおにぎりにして美味しく頂く予定!

数日かけて、台湾気分を味わっていきたいと思います!

最後まで読んでいただきありがとうございました^^



コメント

タイトルとURLをコピーしました