納豆好きによる納豆の卵焼き。

女性に作りたい料理

料理を始めてから、2ヶ月弱。
先週念願の『卵焼き』をマスターしたシソ田。
(まだまだ修行中ですが…)

(▼基本の[卵焼き]の記事も是非ご覧ください!)

料理にもかなり慣れてきて、次は具を入れてバージョンアップした「卵焼き」を作りたくなってきました

そこで選んだ食材はシソ田の大好きな「納豆」です!

納豆には、脂肪燃焼・肥満予防の効果があり、まさに現在ダイエット中のシソ田にとっては、ぴったりの食材!

そして何より納豆は小さい頃から『大好物』なんです!

シソ田
シソ田

納豆好きなんです〜!

ということで今回は!

料理を始めて2ヶ月目のシソ田が、栄養バランスも良くなる[納豆卵焼き]を心を込めて作っていきます!

納豆卵焼きの材料。

※1〜2人分
【材料】
・納豆(1パック)
・卵(Mサイズ2個)
・ネギ
・マヨネーズ(大さじ1)
・めんつゆ 3倍濃縮タイプ(大さじ1)
・ごま油

それでは調理スタート!

ますは下準備。

(1)まずネギをお好みの大きさにカットしていきます。
カットするのはこれで終了!包丁とまな板は片付けしてOKです。

(2)お皿にを二つ入れます。

(3)基本の卵焼きと同様に、調味料を入れないで、卵白を切るようなイメージで9割くらい卵を混ぜます。

(4)納豆に付属のタレを入れ、混ぜます。
(カラシは入れませんでした。)

卵投入1回目。

(5)卵を混ぜたら、ネギマヨネーズ(大さじ1)めんつゆ 3倍濃縮タイプ(大さじ1)を加え、混ぜます。

(6)次に卵焼き器を中火にかけ、ごま油を流してフライパンになじませます。

(7)お箸に卵を少しだけつけ、フライパンに当てて「ジュッ!」と音がしたら、1/3の量を流し入れ、フライパンの隅の方から固まってきた卵を中央に寄せるようにします。

(8)半熟程度に卵に火が通ったら手前に巻いていきます。
※ぷくぷくと卵が膨らんできたところは箸で潰しながら焼いてください。

シソ田
シソ田

【頑張りポイント】
通常の卵焼きより“汁っぽい”ので、焦らずにゴムベラなどで巻いていきましょ〜。

卵投入2回目。

(9)手前に巻いた卵をフライパンの奥側に戻し、残っている卵液の半分を入れ、戻した卵の下にも卵液を流すようにしてください。

(10)そしてまた同じように手前に巻いていきます。

(11)通常の卵焼きよりも崩れやすいので、フライパンの側面を使って形を整えます。
※焦がさないように、フライパンを火から遠ざけたりしながら焼いてくだ

シソ田
シソ田

【注意】
焦がさないように、フライパンを火から遠ざけたりしながら焼いてください〜

(12)そしてまた卵を手前に戻します。

【ラスト!】卵投入3回目。

(13)フライパンに油が少なくなってきたのでごま油を足します

(14)そして残りの卵液を全部、流し入れます。

(15)同じようにぷくぷくと膨らんでいる箇所を潰しながら焼いていき、手前に巻いて形を整えます。

(16)最後に、通常の卵焼きよりも形が崩れやすいので、直接盛り付けようのお皿に置き、ちょうど良い大きさにカットし完成です(^^)

完成です!

前回の「基本の卵焼き」よりも形が崩れやすく、手前に巻くことが難しかったのですが、最終的にはとても上手に仕上がりました!

お味も納豆とネギの香りで風味が豊かになり、とても美味しく仕上がりました。

またお酒のつまみとしてもGood!

またボリュームもあり大満足です(^^)

最後に。

今回の「納豆卵焼き」は以前に作った基本の卵焼きよりも、形が崩れやすく難易度が高めでした。

一方で、作っているうちに“コツ”みたいなのが分かり、最終的に綺麗に焦げることなく作ることができました!

料理を始めて2ヶ月ちょい。

だんだんと料理に慣れ、多少は失敗しても修正できる能力が身につきました(^^)

これでまた「料理男子」に近づけたのではないでしょうか!

これからも料理の幅を広げて、家族の皆様に喜ばれる料理を作っていこうと思います!

シソ田
シソ田

これからも、どんどんアレンジ料理に挑戦していきます〜!
本日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました