【育毛にタバコはもちろんNG!】理由と実際に禁煙に成功したアイテムを紹介。

発毛習慣

これから育毛剤を使う方や頭皮について悩んでいる方。

そしてその中で、
もしも、タバコを吸っている方がいたとしたら、できればタバコはやめて頂きたい。

育毛に関する書籍や情報で必ずと言っていいほど、「育毛にはタバコはできればやめる。」と書かれいます。

タバコは育毛活動を阻害する大きな原因の一つである可能性が高いです。

タバコが頭皮に悪い理由。

タバコによる頭皮への悪影響

①血管が収縮し血流を悪化させる
②血液の質が低下する。
③ビタミンCの減少

喫煙者の方は、何万回もお聞きしていると思いますが
タバコには200種類以上の有害物質が含まれいます。

そして最も悪影響なダメージは、血管を収縮させ、頭皮への血流を悪化させることです。

またタバコに含まれる一酸化炭素が血液の酸素量を減らし、毛髪に必要なエネルギーを減らしてしまいます。

しかしタバコは止めづらい。

そして私も実は、タバコ歴13年の元喫煙者でした。

なので、タバコをやめたくてもやめれない気持ちはよぉ〜く分かります。

しかし私は「育毛と健康」のために、タバコを吸うのをやめ、禁煙に成功しました。
私が禁煙した方法は「電子タバコ」

これから「育毛のために禁煙したい!」という方に、私が禁煙のために使用したアイテム「電子タバコ」についてご説明いたします。

【おすすめ禁煙方法】電子タバコ。

カリバーン(CALIBURN)とは、POD型の電子タバコです。

電子タバコと言っても、カラダに害がないと言われているニコチンもタールも入っていない専用のリキッド(液体)を入れ、香りを楽しむ
アイテムです。

私が愛用しているのはカリバーンのブルー。

メンテナンスも不要で一年使用していても、故障や不具合もなく、私の禁煙生活を支えてくれています^^

(一年使用すると、多少電池の消耗が早くなります。)

カリバーンの使用方法

操作方法も簡単で、真ん中のボタンを5回押すだけで電源のオン/オフが設定できます。

なので小さいお子様がいるご家庭でも、誤って電源がオンになる可能性が低くなるので、安心してカリバーンを楽しむことができます。

一度電源をオンにしましたら、吸引時はボタン押さなくても煙を吸うことができます。

またボタンを押しながら吸うと、より多くの煙が発生します。

リキッドの注入方法は、黒いキャップを取ると注入口が左右にあるので
そこから入れます。

カートリッジタンクの交換時期

カートリッジは交換タイプ。

寿命は毎日使用して3週間くらいと思いますが、使用頻度やリキッドの種類によって、大きく変わると思います。

交換時期になると、味が焦げ臭くなります。

そうなったら、新しいカートリッジと交換しましょう。

お勧めリキッド

私が禁煙する方にオススメするリキッドがこちら。
◇リキッド工房・・・ストロングメンソール
◇DBL・・・電子タバコメンソール マスカットメンソール


喫煙時代はメーンソール配合のタバコを愛煙していた私にとって、
リキッド工房のメンソールとDBLのマスカットメンソールはベストマッチしました。

リキッド工房のメンソールは、スカッと感がかなり強く、タバコを吸った時の喉にガツンとくる刺激(キック感)が本物のタバコに凄く似ていました。

また同じリキッドでは飽きてしまうので、たまにDBLのマスカット味で気分を変えたり、二種を配合して吸ったりと、かなり吸いやすく美味しいリキッドでした。

電子タバコで禁煙生活は楽しんで!

カリバーンは煙の量も多く、煙を出す”という行為が好きな私にとって、
マストなアイテムになりました。

禁煙を始めて一年以上になりますが
今でもたまに“吸いたい欲”が高まることがあります。

そんな時も、カリバーンでお陰で“吸いたい欲”を抑えて、無理なく禁煙生活を続けることができています。

何よりコスパも通常のタバコよりも断然お得なので金銭面でもかなりオススメいたします。

最後に

前文でも書いたとおり、私も10年以上もタバコを吸い続けていた人間。

タバコをやめづらいというお気持ちは重々と理解し、また体感してきました。

一方で、禁煙した方が絶対的に髪にも身体にも良いことは事実。

カラダ全体が健康になりますので、少しでも「タバコをやめたい」というお気持ちがあれば、電子タバコなどを使って禁煙した方が良いでしょう。

私も禁煙して2年経過しています。

2年過ぎても、いまだにタバコが吸いたくなります。

そんな時には、電子タバコを吸ったり気分転換と健康のために軽い運動をしたりと、何とか気を紛らわせています。

【▼合わせて読みたい記事】

髪に栄養が届くように、カラダに悪影響が出る習慣はなるべく改善してきましょう。
本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました