【育毛中でもお酒は飲んで良い!】髪に良いお酒とつまみはコレ!

発毛習慣

結論から言うと、お酒は飲む量によっては育毛活動を助けてくれるかもしれません。

お酒を飲むと体がポカポカしてきます。


これはアルコールには血流を促す効果があるからです。

この他にも調べてみると、アルコールには意外と健康的な要素がたくさんあることが分かりました。

そういうことで。
本記事では、お酒による育毛効果や、育毛効果を助長してくれる「おつまみ」もご紹介いたします。

酒は百薬の長

昔から「酒は百薬の長」と言われておりますが、お酒についての健康効果を調べてみると、意外にもアルコールは適正量であれば体に良いという情報がたくさんありました。

お酒の健康効果

▪️血圧や悪玉コレステロールの低下
▪️血行促進
▪️ストレス発散

体に悪いイメージのアルコールですが、「血行促進」や「ストレス発散」など、育毛に良いとされている効果があると判明。

しかし、これはあくまでも【適正量】を守ってこその効果。

飲むときは適正量を守って。

アルコールを飲むと、育毛や健康に良いことが分かりました。
がしかし、気をつけて頂きたのが、これらの情報はあくまでも「適正な量」を飲んだ場合。

アルコールを適正量以上飲むと不健康に繋がる恐れがあるので、飲み過ぎには注意をしてください。

ビールアルコール度数5度中瓶1本500ml
日本酒アルコール度数15度1合180ml
焼酎アルコール度数25度0.6合約110ml
ウイスキーアルコール度数43度ダブル1杯60ml
ワインアルコール度数14度1/4本約180ml
缶チューハイアルコール度数5度ロング缶 1缶500ml
お酒の1単位(純アルコールにして20g)

※参照:アルコール健康医学協会

冷え性の人はビールを避ける

育毛に関する書籍には、「なるべく体を冷やすお酒は避ける。」とも書かれていました。

体を冷やすお酒とはビールウイスキー麦焼酎ハイボールなど。

カラダを冷やす理由

ビール、ウイスキー、麦焼酎などは大麦や麦から作られています。

原料の麦には体を冷やす効果があり、またビールやハイボールは冷やして飲む場合が多く、体(内蔵)を冷やしてしまいます。

私もハイボールを良く飲むのですが、その際はコップに氷をガンガンに入れていました。

氷を入れたり冷やして飲むお酒は、直接内蔵を冷やしてしまいます。

「内蔵冷え」による症状

内蔵を冷やすと肩こり・片頭痛・不眠・食欲不振などの症状が出て、免疫機能が低下すると言われています。

【育毛効果あり!?】カラダを温めるお酒

もちろん、カラダを温めてくれるお酒もたくさんございます。

日本酒芋焼酎梅酒ワインはカラダを温めてくれる効果があるそうです。

種類効果
日本酒・芋焼酎・米焼酎アデノシンやアミノ酸が豊富
梅酒・あんず酒梅や杏、さくらんぼは体を温める効果あり
ワインポリフェノールによって血行がよくなります

カラダを温めてくれるお酒の中でも、特に日本酒には育毛有効成分でもある「アデノシン」が含まれております。

アデノシンとは

発毛促進や育毛を助ける成分。

毛根の成長期を長くする。

※参考:クリスタル美容外科コラム

しかし、私個人的な嗜好なのですが、日本酒はたま〜にしか飲まず、あまり日常的に馴染みのないお酒。

一方で、普段飲んでいて、カラダを温めてくれるお酒が赤ワイン

そんな赤ワインにも、調べてみたら「育毛」の効果が期待できる成分がありました。

ワインの育毛効果

調べてみると、赤ワインにもしっかりと育毛効果が期待できる成分がありました。

まずは赤ワインに含まれているポリフェノールの育毛効果からご紹介いたします。

ポリフェノールの育毛効果

赤ワインの栄養と言ったらポリフェノールです。

具体的に「ポリフェノールって何?」という方も多いのではないでしょうか。

まずポリフェノールというのは、植物に含まれている色素のことです。
その種類は5000以上にもなると言われています。

ワインに含まれるアルコールと水以外のほとんどがポリフェノールなんだそうです。

そんなポリフェノールには「殺菌効果」「抗酸化作用」があり、その効果はお肌や内臓、そして頭皮に作用すると言われています。

カラダの老化を防ぎ、加齢による薄毛や抜け毛、白髪、髪のハリの低下など抑えてくれます。

レスベラトロールに注目

さらに赤ワインに含まれるポリフェノールの中でも、最も注目すべき成分がレスベラトロールです。

レスベラトロールは通称「若返り成分」と呼ばれています。

レスベラトロールの効果

▪️老化予防効果
▪️肌荒れ予防
▪️シミやソバカスの予防
▪️メタボ予防

他にも育毛効果にも良い「血流改善」効果もあります。

育毛にオススメなおつまみはチーズ

私は晩酌の時には、必ずつまみを食べています。

そこでオススメするのが育毛中の方は、是非ワインと一緒に「チーズ」をつまみにして頂きたいです。

じつはチーズの栄養素にも、髪の毛に良い影響を与えてくれる成分があります。

育毛剤を活性させるL-リジン

チーズに含まれているL-リジン。
L-リジンとは必須アミノ酸の一種。

育毛剤の成分をより活発にさせてくれる働きが期待できます。

育毛剤を使用している方は、是非とも摂取しておきたいですね。

頭皮を潤うビタミンA

チーズに含まれているビタミンA。

ビタミンAは皮膚を健康に保ってくれる働きがあります。

髪の根本である頭皮の健康を維持するために、育毛にとっても大切な栄養素。

カサつく頭皮に是非、摂取しておきたいビタミンですね。

▼合わせて読みたい記事

4種のビタミンで育毛を助長

“L-リジン”や“ビタミンA”以外にもタンパク質・亜鉛・カルシウム・ビタミンB2も豊富に含まれています。

タンパク質髪の作る成分
亜鉛髪に栄養を届ける
カルシウム血行促進
ビタミンB2髪の毛の成長を早める

チーズは育毛にとってとても相性の良いおつまみ。

ですが、食べ過ぎは禁物です。

チーズの食べ過ぎにはご注意

「チーズは髪にも良いし美味しい!」

となると、ついたくさん食べてしまいそうですが、食べ過ぎにはご注意です。

チーズを食べ過ぎてしまうと…

▪️食べ過ぎによる肥満

▪️血行不良や代謝低下

▪️頭皮環境の悪化

チーズはもともとカロリーが高い食べ物。

食べ過ぎてしまうと、育毛に逆効果なってしまう恐れがあります。

くれぐれも適正量を守って食べてくださいね。
※一般的に50g〜60gまで。
参考:チーズの専門ページ

まとめ

意外にも適正量であれば、お酒は育毛活動に良い効果が期待できることが分かりました。

ですが何度も言いますが、あくまでも適正量飲んだ場合の話。

お酒の飲みすぎは薄毛の症状を悪化させる可能性や、抜け毛や薄毛を引き起こす可能性もあるため要注意です。

食べ物・飲み物は髪を育てる材料なので、適正量を守り、しっかりと毛髪をケアしていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました