【35歳独身】婚活男子が結婚するために覚えた初めてのカレー

彼女が喜ぶ料理

皆さんこんにちは!

8月からしっかりと、将来の奥様のために料理を作れる男子になると決心したシソ田。
(予定はないですけど・・・)

料理男子を目指し、なるべく自分で自炊をする日々を送っています!

本日はいよいよ、家庭料理の大定番!

老若男女すべての人々に愛されている「カレーライス」作りに挑戦いたします。

材料紹介。

【材料】
・じゃがいも
・玉ねぎ
・人参
・にんにくチューブ
・バター
・豚肩ロース
・スペシャルスープ
・カレールー

この日はスーパーで『とけ込むカレー『こくまろが安くなっていたので、2つブレンドを組み合わせて作ります。

まずは茹で豚肉の煮汁を。

先週作りましたお手製ラーメン用に作った煮汁が家族に大好評でして!

今度はその煮汁でカレーを作りたいと思いまして!

初めてのカレーにしては、「ハードルが高いかなー」と思ったのですが、水道水よりも煮汁の方が100パーセント美味しいカレーが出来ると確信し、今回も煮汁作りからスタートしました!

そしてスーパーへ行き、豚バラ肉と豚肩肉のブロックを発見!安くなっている!ラッキー^^

迷わず購入いたしました。笑

今回もじっくりスープを仕込んでいきます!

飴色玉ねぎを作っていきます。

豚肉を煮込んでいる間に、もう一味「至高のカレー」に仕上げるため、玉ねぎを飴色になるまで炒めていくことにしました。

「玉ねぎ炒めるんだったら、3玉くらい炒めておいて!」と母に言われ、大量の玉ねぎを炒めることに。

このくらいの玉ねぎを一気に炒めるには時間がかかりそう。。。

何か良い方法がないかなーと思い、ネットで検索したところ時短レシピを発見!

レンジで3分くらい温め、玉ねぎの水分を飛ばします!
その後、一気にフライパンへGO。

強火で炒めること10分。
こんがりきつね色で美味しそうな玉ねぎになりました。

煮汁も完成!

煮込むこと1時間。
こちらも良い塩梅に仕上がりました。

安定の煮汁の完成です!

あとは愛情を込めて煮込むだけ!

煮汁から豚肩と豚バラを取り出し、豚肩をカットし、お鍋にカットした野菜と飴色玉ねぎ、そして豚肩を馴染むように炒め、混ぜ合わせます。

そして混ぜ合わせた具材に茹で豚の煮汁を入れ、沸騰するまで煮ます。

沸騰したら火を弱火にし、ローリエを入れ、野菜に火が通るまでじっくり煮ます。

最後にルーを溶かして完成!

最後にカレールーを入れ、表示通りに溶かして完成です!

初めてのカレーにしては、100点満点の出来栄え!


今回のこだわりポイントは豚肉の煮汁と飴色玉ねぎ。

丁寧にこだわって作ったので、失敗することなく、めちゃくちゃ美味しいカレーを作ることができました(*´ー`*)

家族も喜んでくれて大満足です!

これからも料理の腕をしっかり磨いて、嫁げるように頑張りたいです!
最後まで読んでいただきありがとうございました。


コメント

タイトルとURLをコピーしました