【ハゲない国民!?】髪を生やすためのインドに学ぶ育毛習慣

発毛料理

育毛の本を読んでいると「インド人には若ハゲがいない」という情報を良く見かけます。


【薄毛、国、ランキング】とネットで検索したところ、株式会社アデランスが「世界の成人男性薄毛率」という調査で、薄毛が多い国をランキング形式で発表していました。

そのランキングでは、インドは薄毛ランキング圏外という結果に。
(ちなみに日本は14位でした。)

やはり、ハゲ率が少ない国なんですね〜

ということで本日は、インド人の生活習慣から私たちの育毛に役立つことがないかを調べてみました。

国別薄毛ランキング

ちなみにこちらが(株)アデランスの「世界の成人男性薄毛率」です。

1チェコ(プラハ)42.79%158万人
2スペイン(マドリード)42.60%650万人
3ドイツ(フランクフルト)41.24%1263万人
4フランス(パリ)39.10%787万人
5アメリカ(NY/LA/シカゴ)39.04%4027万人
6イタリア(ミラノ)39.01%874万人
7ポーランド(ワルシャワ)38.84%505万人
8オランダ(アムステルダム)37.93%216万人
9カナダ(モントリオール)37.42%441万人
10イギリス(ロンドン)36.03%760万人
14日本(東京)26.05%1293万人

上位には欧米先進国がほとんど。
ヨーロッパの国々がランクイン。

日本は14位といった結果になっております。

ちなみに14位はアジアの中ではトップという結果に。

インドの薄毛ランキングは?

私が調べたところ、インドの薄毛ランキングは圏外。

インドへ旅行に行った知人の話にもよると、確かに30・40代の男性で、薄毛の人はあまり見かけなかったようでした。

ハゲない理由は「カレー」にあり!

インドの方はスパイスをたくさん使っているカレーを日常的に食べているイメージがあります。

※インドカレーに使用されているスパイス一覧

・ターメリック
・カルダモン
・シナモン
・クローブ
・生姜
・にんにく
・赤唐辛子
・クミン
・コリアンダーなどなど

ご覧の通り、インドカレーに多くのスパイスが使用されていますね。

スパイスの効いたカレーを食べると、頭らから額、そして首すじに汗がジワーっと流れます。

カレーには、血流を促して新陳代謝を高める効果があるということになります。

【育毛レシピ】クミンシードのカレー

育毛に力強い味方になってくれるカレー。
続いて、私が育毛のために作っているカレーのレシピをご紹介いたします。

もちろんインド人の食生活を見習い、スパイスも使います。

今回使用したスパイスは「クミンシード」を使用しました。

【スパイス紹介】クミンシードとは?

「クミンシード」とはエジプト原産のセリ科の一年草で、その種子のことを言います。
エスニックな香りが特徴的なスパイスです。

大型店のスーパーとかのスパイス売り場に置いてあると思います。

「クミンシード」の効能

インドカレーの代表的なスパイスである「クミンシード」。

そんなクミンシードの効能は以下の通りです。

  • 免疫力アップ
  • 肌のハリを助ける
  • 老化の抑制
  • 髪の成長の促進(ビタミンB2)
  • 中性脂肪を減少
  • リラックス効果(リモネン)

参考:v-cook

ご覧の通り、クミンシードには育毛効果が期待できる「ビタミンB2」やストレスを低下させる「リモネン」が栄養に含まれていました。

育毛効果抜群のスパイスとなっております。

材料紹介

【材料】
・じゃがいも(3個)
・玉ねぎ(2玉)
・人参(2本)
・鶏肉(1枚)
・にんにくチューブ(4cm程度)
・しょうがチューブ(4cm程度)
・カレールー
・お水(500cc)
・料理酒(100cc)
・鶏がらスープの素(小さじ1)
・オイスターソース(小さじ1)
・バター(大さじ1)
・ローリエ(2枚くらい)

・クミンシード(小さじ1)
・コリアンダー(大さじ1/なしでも大丈夫)

【調理スタート】クミンシードに火を入れます。

まずはフライパンに大さじ2の油を入れ、クミンシード(小さじ2)を入れ、弱火で火を入れていきます。

弱火のまま火を入れていくと、クミンシードからプクプクと泡が出てきます。

そしてクミンの香りが物凄く香ってきますので、その時にカットした玉ねぎを入れます。

ちなみに玉ねぎにも、血液をサラサラにしてくれる他にも多様な育毛効果にも期待できる食材です。
▼合わせてご覧ください

そして玉ねぎを入れたら、強火で“キツネ色”になるまで10分くらい炒めます。

このくらいの色になってきたら下準備は完了。

次に具材を入れていきます。

具材を入れ軽く炒めます

フライパンの火を強火→中火に変え、先ほど炒めた玉ねぎに、鶏肉にんにくチューブしょうがチューブを入れ、炒めながら混ぜ合わせます。

炒めること大体2分。
軽く鶏肉に火が入ったら、人参じゃがいもを入れ、同じように軽く炒めながら混ぜわせます。

あとは煮込む

次にフライパンから炒めてた具を全て鍋に移し、お水(500cc)料理酒(100cc)鶏がらスープの素 (小さじ1)ローリエ(2枚)を入れ、沸騰するまで煮ます。

そして沸騰したら弱火~中火に戻し約20分間、野菜に火が通るまでコトコト沸騰で煮ていきます。

最後にルーを溶かす。

20分煮て野菜に火が通ったら、火を止めてルーを入れます。

ルウが溶けたら、再度火をつけて、時々まぜながら、弱火で約5分間煮込みます。

最後に仕上げの具材として、バター(大さじ1)オイスターソース(小さじ1)コリアンダーパウダー(大さじ1/なしでも大丈夫)を入れ、混ぜ合わせれば完成です。
※味が濃い場合や薄い場合は、水やルーを足して調整してください。

完成。

クミンシードと玉ねぎをたっぷりと入れたカレーの完成です。
クミンシードの香りがとても良く、本格的な味わい。
とても美味しく仕上がりました。

まとめ。

昔から馴染み深いカレーですが、せっかくカレーを作るのであれば、スパイス多めのカレーで育毛力を高めたいと思います。

クミンやコリアンダーなどのスパイスは、薬膳でも使われるので、体にも◎。

育毛力の高い食べ物は、カラダにも良い栄養がたくさんあるので、「育毛」を意識することで健康なカラダも手に入れることができるハズです。




コメント

タイトルとURLをコピーしました