【漬け込み!】作り置きにも最適な「味噌とマヨネーズの鶏胸肉」。

女性に作りたい料理

ダイエット中の皆さん!
アッサリとした食事に飽きていませんか?

  • ダイエット中でもガッツリ食べたい!
  • ヘルシーでも酒のつまみになるものを作りたい

いくらダイエット中でも週7日間もカロリーを抑えた料理だとさすがに飽きてしまいます。

シソ田も日頃、なるべく濃い味付けは避け、あっさりとしたメニューでダイエットに励んでいるのですが、さすがにうんざりしてきました。

そういう時に食べるのが、本日紹介する『味噌マヨ胸肉』

こちらの料理は、前に紹介させて頂いた【鶏胸肉のレモンペッパー】と同じく、“漬けて焼く”だけの超お手軽レシピ!

しかもマヨと味噌の濃ぃ〜味付けで、お酒のつまみにも相性抜群です!

ということで本日は、この『味噌マヨ胸肉』をつくり方をご紹介いたします。
とっても簡単なので料理初心者の方にもおすすめ!

是非ご覧ください(^^)

材料

※1人〜2人分
【材料】
・鶏胸肉(1枚:250g)

◼︎調味料
・味噌(大さじ2)
・マヨネーズ(大さじ2)
・酒(大さじ1)
・砂糖(大さじ1)
・にんにくチューブ(1cm)
・しょうがチューブ(1cm)

◼︎野菜炒めの材料
・もやし(1袋)
・キャベツ(少々)

それでは調理スタート

【下ごしらえ】鶏胸肉に下味をつける!

①まずは鶏胸肉をアイラップやジップロックに入れます。

②そして、アイラップに味噌(大さじ2)マヨネーズ(大さじ2)酒(大さじ1)砂糖(大さじ1)にんにくチューブ(1cm)しょうがチューブ(1cm)を入れ、モミモミと調味料が全体に行くよう混ぜ込みます

③あとは当日食べたい方は30分以上漬け込みます。
(また1日置くと、さらに美味しくなります)

これで下ごしらえは終わり!次は「焼き」の作業に入ります。

次は“焼き”の作業!

ポイント

余ったタレは野菜炒めを作りますので、捨てないでくださいね〜

④フライパンにサラダ油を広げ、鶏肉についたタレを軽く拭き取り、皮面を下にして中火で焼いていきます。
※タレがたくさん付いていると、焦げてしまいますのでご注意を!

    お肉を冷蔵庫で寝かしてた場合、冷たいまま焼いてしまうとお肉の中心部分までひが通らなくなってしまうので、お肉を常温に戻してください。



⑤中火で焼くこと3〜4分。
皮面に焼き目が付いているのかチェックします。

⑥皮面にしっかりと焼き目が付いていたら胸肉を裏返し、蓋をして、逆の部分を弱火で5分ほど蒸し焼きにします。

⑦5分後、火を止めて蓋をしたまま余熱で更に5分ほど火を通します。

シソ田
シソ田

鶏胸肉はこれで完成!
次は余ったタレで野菜炒めを作ります!

次は“野菜炒め”を作ります!

⑧フライパンにサラダ油(小さじ1)を入れ、キャベツ(少々)もやし(1袋)を入れて炒めます。
野菜が“シナっ”としてきたら、袋に余っていたタレを投入!
全体的に混ぜあい、味が薄かったら塩胡椒で味を整え完成です。

⑨最後に鶏胸肉に火がしっかりと通っているか確認し、完成です!

完成です!

凄く簡単でお酒つまみにもイケる『味噌マヨ胸肉』が完成しました!
余った味噌ダレで作った野菜炒めもサイコーです!

この味付けならご飯のおかずにもピッタリ!
味噌とマヨネーズの濃厚な味付けなのに、鶏胸肉なのでサッパリしていてとっても美味しかったです!

まとめ。

ダイエット中は濃い味付けの料理が無性に食べたくなります…

そんな時!
この『味噌マヨ胸肉』の味付けはサイコーに「濃い味欲」が解消されました!

また鶏胸肉とモヤシメインなので、お財布にも優しいところもまた嬉しいポイント。

また下味レシピなので、仕込んでおけば簡単に調理できます!

是非皆様もダイエット中に「濃ぃ〜味付け」を体が求めてきたら、本日紹介しました『味噌マヨ胸肉』で欲求を解消してみてくださいね!

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました