【忙しい独身男子必見!】「冷蔵保存」の鶏胸肉のレモンペッパー。

女性に作りたい料理

最近料理に『楽さ』を求めるようになってきたシソ田です。

料理を作ることは楽しいのですが、毎日下味をつけたり、材料を切ったり、献立を考えていると、

料理を作る→料理を食べる→後片付けに1時間半くらいかかってしまいます。

シソ田
シソ田

もっと自分の時間が欲しいな〜。

そこで!

自分の時間を作るため「下味冷蔵レシピ」の料理を作ってみよう!と決心!

美味しくてダイエット効果のある“鶏胸肉”を使った『鶏胸肉のレモンペッパー』を作ってみました!

とても簡単&がっつり系のレシピなので、料理初心者の男性の皆様にもオススメです!

ぜひご覧ください(^^)

材料

※1人〜2人分
【材料】
・鶏胸肉(1枚:250g)
・中華だし(鶏ガラスープでもチューブタイプでも可:小さじ1)

・レモン汁(大さじ1)
・にんにくチューブ(2cm)
・あらびき胡椒or胡椒でも可(小さじ1/2)
・片栗粉(小さじ2)
・サラダ油(大さじ1)

それでは調理スタート

【下ごしらえ】鶏胸肉をカット&下味!

①まず鶏胸肉(1枚:250g)を用意。

②鶏胸肉の皮を剥ぎます。

③鶏胸肉・皮を一口サイズに切ります。

④ポリ袋(アイラップでも可)中華だし(小さじ1)・レモン汁(大さじ1)・にんにくチューブ(2cm)
・あらびき胡椒(小さじ1/2)・サラダ油(少々)
を入れ、よぅ〜く揉み込みます。

⑤揉み込んだら片栗粉を入れ、3時間〜1日くらい冷蔵庫で泣かせます。

シソ田
シソ田

この状態で2〜3日は冷蔵庫で保存できます。

フライパンで炒めていきます。

⑥中火に熱したフライパンにサラダ油をひき、下味をつけた鶏胸肉を投入。

シソ田
シソ田

焼く前にお肉を常温に戻してください〜。

“常温”に戻す理由。

冷蔵庫から出したお肉を冷たいまま焼いてしまうと、お肉の中心までなかなか火が通らなくなってしまい、肉を長時間焼くことになるために固くなってしまう可能性があります。
また肉汁もなくなりパサパサになってしまう可能性があります。

【常温に戻す時間】
冬→20度以下の部屋なら30分から1時間程度

夏→20度から35度の部屋なら15分から30分程度。

⑦いい感じの焼き目ついたら、ひっくり返し両面焼いていきます。

⑧両面に焼き色がつき、中にしっかりと火が通っていたら完成です(^^)

完成です!

美味しそうに出来上がりました!

調理時間も、付けておいた鶏胸肉をただ焼くだけなので、10分くらいで作ることができました〜(^^)

時短時短〜♩

味もレモンの酸味とガーリックと胡椒の香りが効いていて、お酒にもあう合う!

しっかりと鶏肉を常温に戻してから焼いたので、とってもジューシーでした(^^)

最後に。

料理を作るようになってから、毎日の食事の準備の大変さがやっと分かったシソ田。

食事の準備に加え、お弁当作りやら買い物やらで自分の時間を確保するのにひと苦労(-_-;)

昔だったらインスタントラーメンやコンビニ食で済ましていたのですが、この年齢(35歳)になるとカラダに良く、しかも太りにくい料理が食べたい

そういう時に、本日作った鶏胸肉のレモンペッパーは、調理も簡単で5日間くらい保存もでき、何より美味しい。

シソ家のローテション入り確実のレシピでした(^^)

これからも「下味冷蔵レシピ」を増やして、自分の時間も料理のスキルもアップしていこうと思います!

シソ田
シソ田

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!
この他にも、美味しい「下味冷蔵レシピ」の記事がございます。
是非ご覧ください〜。

コメント

タイトルとURLをコピーしました